バスツアーのメリットやデメリットとは

年配の人たちだけでなく、若い世代やファミリー層まで、参加する人が増えているというバスツアー。

日帰りスキーの情報が必要な方必見です。

バスツアーで旅行に行くメリットはたくさんありますが、反対にデメリットも存在するため、参加する前によく確認してから申し込む必要があります。



まずバスツアーに参加するメリットとしては、個人で運転をする必要はないので、事前に行き方を調べたり、高速道路の料金やガソリン代を気にする必要がありません。



個人で行く場合には必ず運転者が必要であるため、帰りに疲れて眠くなってしまっても、運転者に気を使って眠ることはできないかもしれません。
しかしバスツアーであれば途中で眠っていても目的地に連れて行ってくれ、帰りに疲れても、解散場所まで眠って帰ることもできるのです。


運転する必要がないのでお酒を飲むこともできます。
食事の時にお酒を飲んだり、お土産屋さんで試飲をすることもできます。


それでは反対にデメリットには、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

一番大きなデメリットは、時間制限があるということです。

集団で行動しているため、集合時間は必ず厳守する必要があり、遅刻をするとほかのグループに大きな迷惑がかかってしまいます。また、途中で魅力的な場所を見つけたとしても、寄り道することはできません。また、バスの座席は選べないことがほとんどです。

偶数人数で参加する場合にはいいのですが、奇数人数の場合には一人で席に座る人が出てしまい、混雑している場合には、その一人が相席になってしまう可能性もあるのです。